TweetsWind
--- Ustream 配信状態 ---
--- 予定 ---
特に何もないよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期の結果

今日でシーズンも終了ですね。
発表はないですが、メンテ後にパーツ修正はくるのかな?

今シーズンはクラウンメンバーの合流もあり、領地が大きく広がりました。
最終的にはアーバン、アバンドン、アッパーの3エリア1位でシーズンを終える事ができました。
とは言っても、アッパーはDSが手放しただけなので、勝ち上がった訳ではないのですが。
強いチームで良い対戦相手だったのですが、やはり少数で管理は難しいですよね…
加えて現レギュレーションのバランスもモチベーションを下げる理由となっていた様です。
砂漠については1時期1位でしたが、これもサイコロ側が一時的に衰退してランクが下がった為の繰り上がりでした。
このまま撤退してしまうのではないかと心配していましたが、何とか持ち直してくれたようでうれしい限りです。

Lotusが争いを繰り広げてきたチームについて、この期に書いておきたいと思います。

acv-15.jpg
< PSYCHOLO >
現砂漠の首位、主な交戦MAPは砂漠。
話しを聞いた限りメンバーはそこまで多くないらしいです。
評価の稼ぎ方としては、上位領地による大幅なポイント上昇よりも、下位中位の防衛での評価上げによる土台作りがしっかりしているイメージです。

複数の戦術をもつチームですが、最近は狙撃に特化した編成と戦う事が極めて多いです。
特にチームの作戦や、それに伴う連携がしっかりしていて、カラサワ機がいる時は本当にカラサワを当てる事に特化したチームの動きにをしてくるので恐ろしいです。
オペレーターはカワラワ機をリモートしてチャージタイミングを味方へサポートしてあげるのが重要だと思います。
それでもなお当ててくるのはヤバイ。

対戦経験は、防衛で当たる事はそこそこありますが、侵攻で当たる事は少ないイメージ。
対戦結果は、防衛側ではギリギリ時間切れで勝つ危ない試合が多く、侵攻側では勝った事あったっけ?てな感じです。
防衛側でも負ける事はあり、侵攻側でもいいとこまで結構いった事はあるので、まだ白黒しっかりついてない感じです。
Lotusはスナ機がいる事がほぼないので、遠距離戦になるとどうしても主導権が相手になってしまう事に改善点があるかもしれません。


acv-14.jpg
< OMGS >
個人的な意見ですが、箱で一番強いチーム。
現アバンドンの2位、最近は比較的複数のMAPに展開している印象です。
主な対戦MAPはアバンドン。
メンバーについてはある程度はいるけど、そこまで多い訳ではないって感じの様です。
現在も募集中みたいです。

フリー対戦の上位陣を中心とする実力派のチームです。
あまり話題には出ないチームのようですが、一番恐れているチームです。
個人技が極めて高く、今後のバランス修正次第では手がつけられなくなると思います。
特徴としては、スナキャによる遠距離からの砲台破壊とカウンター、軽量機によるパイルやアンプパルマシです。
こちらのスナキャ機は幾度となくは某大人にカウンターで射抜かれ、タンクはパイルで即死、重逆はパルマシで溶かされました。
中二なのにパイルで落とされた事もあるそうです。
折角こっちがパルマシ機から重逆を遠ざける様に移動させてるのに、遠距離から迷わず重逆に一直線で突っ込んでくるのは恐怖です。
オペレーターがすさまじいのでしょうか…

対戦経験は、防衛でも侵攻でも取ったり取られたりです。
何か1つでも妥協するとボコされるイメージ。
慣れてないメンバーだったりとか、オペなしだったりとか、アセン編成をちゃんと考えてなかったりとかしていた場合は、上位防衛であっても、ほんとボコボコにされて領地取られたなんて事も。
相当神経を削る戦いになるので一部のメンバーはちょっと避けてたり。
逆にしっかりやれば決して侵攻側でも勝てなくはないイメージです。
2回程確か上位領地を取ってきた事もあったと思います。
ただ、人数の都合なのか上位でもオペがいなかったりとかするので、もしかしたら強さが安定しないのかもしれません。

対策としてはスナキャ機のリモートで構えの有無や狙っている対象の報告が非常に重要。
また、軽量機の奇襲にいち早く気づき味方がカバーしてあげる事が重要です。
何にせよ色々考えさせられ、経験になるチームです。
臆せず戦いたい。

今期で活躍したアセン

フロムから再びパーツ調整の発表がありましたね。
早ければ次のメンテで適応されるとして、その場合は近日中に詳細の公開があるかもしれません。
現在のバランスは正直微妙なものがあるので、改善される事を願うばかりです。
軽二、軽逆の上方修正、アンプの下方修正、ショットガン、パルスガンの上方修正あたりが来てくれるとうれしいです。
ハンドガンの衝撃とかも修正が必要かもしれませんね。

今期で私がよく使っていたアセンを紹介しておきたいと思います。
acv-13.jpg
<高速スキャン型 ライバトVTF>
高速スキャンでオペサポなしでも即座に相手の弱点を探り、VTFと弱点武器の超瞬間火力で殲滅するスタイル。
バトライを連射特化にする事でサブコンの必要性を無くし、同時にKE腕の弱点である連射力を補っています。
ハンドガンを装備してもいいと思います。
フレームはVTFの使用回数を確保する為、肩1の腕にしつつタンジーを弾けるKEに調整しています。

acv-12.jpg
<高速スキャン型 アンプパルバト>
味方にバトライ機やパルマシ機がいなかった場合の穴埋め機です。
同じくバトライを連射特化にする事で、肩にアンプを仕込む事を可能にしています。
パルマシが効かない相手はバトライが弱点である事が多い傾向にあると感じているので、広範囲のアセンに有効武器を所有しています。
ただしCE重二、てめーはダメだ。


acv-10.jpg
どのアセンもキーとなるのは速射特化のストレコザですね。
使ってるやつのステはこんな感じ。
攻撃力が当たれば1800ちょいくらいまで行くんですが、そこは妥協しました。
タンジーよりも早いロック速度とリロードの早さがウリです。
サブコンを不要に出来ることでアセン幅が大きく広がるのでオススメです!

最後に、中ニに乗りたいです。

オペレーターは損なのか

本日日曜日のゴールデンタイムですが、絶賛サーバーメンテ中!
なので、ブログの更新でもしようかと思います。
あくまで、上位決戦など負けたくないゲームを前提として話しています。

オペレーターはゲームに参加出来ない損な役割。
やはりそう思ってる人は結構いるのではないだろうか。
確かに相手との戦力差が圧倒的にある場合はそうだと思う。
地形を使って武器の適正距離まで接近して、普通に撃ち合って勝てばいい。
しかし、戦力差がない場合や、逆にこっちが劣っている場合はどうだろうか。
少し話しがズレるが

Le Curoe 氏 
相手の防衛が固くて中距離での撃ち合いが続く場合は、そのまま戦ってちゃいけない。
例えやらかして死んで、その結果チームが負けたとしても、結局誰かが大きな事を起こさないと勝利が見えない。
だから俺は、一瞬で流れを変えることが出来るパルマシ機で突っ込んでみるよ!


秋飛車 氏
防衛の時はチームにスナが一人いるといないとでは流れが全く違う。
相手が固まって移動してる時は横から手を出して、自分に注意を引きつけられるし、一方的に砲台を壊されるのを防ぐ事もできる。
しかしパルマシに接近されたら厳しいし、相手がタゲ特攻だった場合は完全にお荷物になる。
タゲ特攻は普通にやっても防ぐのは厳しいし、そもそも精度の高い特攻チームなんてほとんど来ない。
だからって対策を放棄してタゲ特攻だから負けても仕方がないってのは違うと思う。
だがしかし・・・ぐぬぬ


と、それぞれ2人が言っていた事を覚えているが、こういう本気で考えているかどうかが重要になってくると思う。
そしてオペレーターってのは、それぞれ抱えている不安事項を可能な限り解消させるのが役割だろう。
パルマシ機に対しては、狙ってる相手にそもそもダメージが通るのか、アンチ武器で固めていないか、いつ行くべきか、それらをオペが伝えてあげればいい。

重逆スナに対しては、そもそもパルマシ機と戦闘になる可能性のある範囲にいさせないようにしなければいけない。
あとはカラサワにも注意し、残り弾数やリモートでチャージを開始したら味方に回避行動を指示する等のサポートをしてあげる事が重要だと思う。

最終的な話し、大げさかもしれないがオペレーターはゲームには参加できないが、同時に勝敗を決める重要な役割だと思う。

あと、話しは完全に変わりますが、新たにメンバーが大量に増えました。
・ウィナさん ・キジさん ・アルイルさん ・専務さん ・リロイさん

おまけ 「vs クラウン 渓谷」

相手がオペなしだったので相当有利な状態でした。
基本右から突っ込むのがいいらしいです。
最初の接近戦での相性がよかったのでずっとオレのターンできたのが大きかったです。

ガチ戦だぜ

砂漠から脱出し都会への進出を試み、見事にアバンドンの1位になりました!
いままではずっと地面があるのが当たり前だったので、正直動き方がわかりませんw
でも新しい環境での戦いも面白いですね!

ゲームの内容上多くのプレイヤーがゲームを手放すのは初めから分かっていましたが、最近は旧作からのACプレイヤーでもVを見限って離れていく方が多くなって来たように思います。
ゲームとして面白いどうこうよりも、プレイ時間より待ち時間のほうが多いのは流石に問題ですよね。
でもやっぱり強いチームとの対戦は面白いです。

最近つかっている機体。
仕様変更に伴って機体相性が激しくなったので、個人的にはスキャン性能の高い頭は大事だと思ってます。
敵を見つけたらひたすらスキャン、スキャンで情報展開。
相性のいい敵を見つけたらすかさず、ラッシュでつぶしにいく感じです。
武器は、速射特化ストレコザ、タンジー、ハイスピードミサイルで、サブコンがなくても武器を応用できるようにFCSを距離280のやつにしてます。
防御性能は火力は下がりますが、タンジーがはじけるフレーム。

--------------------------------------------------------------------
DSと結構な回数対戦してきました!
機体は完全に相性勝ちでしたw
やっぱり強いチームとやると楽しい!
色々戦術とかも考えられて、防衛でも危ない試合は多かったです。
私もかなり焦ってて、結構ひどい動きが多くて笑えますw
最後はなんていうか確実に落ち着いてないw
あれじゃダメだろ・・・

時々砂漠の王

acv-09.jpg

砂漠でついに1位になり、ハウザーに上位領地を取られランクが落ちつつも何とか再び1位に返り咲いたと思ったら2位です。
最近は勝てるし負ける。そんな戦いを繰り広げています。
なんていうか、負けたい。けど絶対負けたくないって気持ちが段々と分かるようになってきました。
ACVはチームゲーではありますが、だからこそ最近はチームメンバーが強い事への甘えが自分に出てきてるように感じます。
勝てるけど、強い人には勝てない。そんな感じです。
うちのチームに明確な方針はありませんが、確実に分かっているのは皆強い人と戦って勝ちたいって思ってる事だけは分かります。
俺は食いついて行くぜ!



砂漠上位領地決戦侵攻。
96:ワンチャンに賭けるレイクロエ
オペ:アシュ

なかなかマッチングしない。厳しい状況。だからこそ面白い。それが上位。
カウンター
プロフィール

Ashu

Author:Ashu
現在は箱でACVやってます。
所属:Lotus

Skype:lu_ashu
PS3 ID:Lu_Ashu
XBOX ID:Ashu Retriever

最近の記事+コメント
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。